肌荒れの原因の食べ物とは?まずは「食生活の改善」から!

つちたに

皆さんこんにちは。つちたにです。

 

今回も肌改善「基本編」ということで紹介して行きます。

皆さんは、食生活を意識しているでしょうか??

 

好きなものを好きな時に好きなだけたべる。

それはそれで幸せだし、素晴らしい事であると思います。

 

しかし、乱れた食生活は、肌荒れに大きな影響を与えます。

 

今回は、皆さんが普段何気なく食べているものが、今あなたが悩んでいる肌荒れにどんな影響を与えているか紹介して行きます。

自分の生活を振り返りながら考えて行きましょう!

 

 

この記事を読むとわかること
  • 食生活における肌改善を学ぶことができる
  • 肌に悪い食べ物がわかる
  • 肌に良い食べ物がわかる
  • 今日から実践できる肌改善

 

 

 肌荒れに悪い食べ物とは

 

 

【肌荒れに悪い食べ物の要素】

1 「高糖質」

2 「高脂質」

3 「カフェイン」が多く含まれる食べ物・飲み物です。

 

必ず覚えておくようにしましょう↑

 

じゃあ具体的にはどんな食べ物?という疑問について

 

 

✔️ チョコレート

 

 

いうまでもなく、

チョコレートは糖分が多く、お肌に悪影響を与えてしまいます。

 

皆さんの経験でも、チョコレートを食べたらニキビができてしまったことはありませんか??

チョコレートは、肌荒れの天敵です。ついつい手を出してしまう事があると思いますが、我慢したり、食べ過ぎに注意ですね。

 

 

 

✔️ 高脂質の洋菓子(ケーキ類)

 

やはりケーキや脂質たっぷりのものは、

お肌に多くの油分となって、それが肌荒れの原因となってしまいます。

 

自分では、少しだけだと思っていても、お肌にとっては、良くないものです。

 

 

 

 

✔️ スナック菓子(ポテトチップス)

 

 

スナック菓子の代表とも言える

ポテトチップスも肌荒れの原因となる食べ物の一つです。

 

皆さん手で食べると思うのですが、食べた後の自分の手はどんな状態になっていますか? 

 

油で手がベタベタしていますよね。これらもお肌には、よくない食べ物だとわかります。

 

 

 

 

✔️ 油っぽいもの(フライドポテトなど)

 

 

説明しなくてもわかるように、油っぽいもの、いわゆるファストフード・ジャンクフードは、お肌にはよくないものである。

 

ジャンクフードを食べ続ければ、肥満の原因でもあり、肌荒れも促進してしまいす。

 

とても身近にあるものなので控える必要がある。

 

 

 

共通すること

共通するのは、「高脂質」「高糖質」

そして、何気なく食べているものが、実は肌に良くないこと

また、どれも美味しくみんなが好きなものだということ。

単純に食べなければ良い話であるが、簡単な話ではない。だから、まずは、食べる頻度を減らすこと。そこから、少しずつ意識を重ねて、自分の中で食べて良い時と食べていけない時を状況に合わせて考えること。

大事なのは「食べすぎないこと」

 

 

 肌荒れに良い食べ物とは

 

 

✔️ ビタミンA

「ほうれん草」

 

「肌の生まれ変わりを促進。乾燥肌の改善にも役立つ」

ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つために必要な栄養素。肌の基礎体力をあげるために、必要不可欠な存在と言われています。肌のカサつきやシワに悩んでいる人はしっかり摂りたいですね。

ビタミンAが豊富な食材は、ほうれん草。旬を迎える冬は、おいしいのはもちろんのこと栄養価がアップ!


ほうれん草は油と一緒に摂ると吸収率が高まるので、おひたしにするよりも炒めて食べるのがおすすめ。同じくビタミンAが豊富なバターで炒めれば、よりパワーアップ!ソテーやグラタン、スープなどにすれば、たっぷり摂ることができますよ。

みんなのキレイな計り方より引用

 

 

 

✔️ ビタミンC

 

「パプリカ」

 

「メラニン色素の生成を抑え、コラーゲンとの組み合わせで美肌度アップ!」

しみ、そばかすの原因となるメラニン色素の生成をおさえる働きがあると言われているビタミンC。美肌には欠かせない栄養素としてよく知られていますよね。

ビタミンCを多く含むのがパプリカ。野菜の中でもトップクラスで、ピーマンの2倍以上ものビタミンCが含まれています。さらに加熱してもその量は減らないというのも魅力!ラタトゥイユやグリルサラダなど、彩りのよいひと皿で楽しみましょう。

ビタミンCは一度にたくさん摂っても吸収できずに排出されてしまうのでこまめに摂るのがポイントです!

実は、肌に弾力を生むコラーゲンの生成にも深く関わっていると言われています。肌のハリ、ツヤを保つためにはビタミンCとコラーゲンを合わせてしっかり取り入れましょう。

みんなのキレイの計り方より引用

 

 

 

✔️ タンパク質

 

「肉、魚、卵」

 

身体の細胞を作り、いきいきとした健康な肌に!

たんぱく質は、体内のあらゆる細胞を作るため、いきいきとした美肌をキープするための、とても大切な栄養素。たんぱく質は主に肉、魚、卵などに含まれています。過剰なダイエットは、たんぱく質不足に陥りがち。痩せてキレイになるつもりが、肌がシワシワになって老け込んだ……などとならないために要注意です!

ダイエット中の人にうれしい、高たんぱく質、低カロリーな食材としてあげられるのが豆類。大豆が原料の納豆や豆腐・豆乳なら手軽に取り入れられますね。チーズと納豆のトーストや豆乳スープは忙しいときでもパパッと作れるのでおすすめです。

みんなのキレイの計り方より引用

 

 

 コンビニでも買える肌に良い食べ物

 

 

ヨーグルト

 

 

ビタミンB群が含まれているヨーグルトは、肌の再生へと繋げてくれる、肌への重要な栄養です。

 

コンビニでは、幅広くヨーグルトがあり、自分の口に合う好きなヨーグルトが揃っています。

個人的に自分がおすすめしているのは、「oikos(オイコス)」ヨーグルトです。

 

「高タンパク質・脂肪ゼロ・美味しい食べやすい」

 

 

こちらのサイトに、女性500人に聞いた「本気で肌の調子が上がった」方法の中に

ヨーグルト第2位にランクインしてるのでぜひチェックしてみてください  美的.com

 

 

 

豆乳や野菜ジュース

 

 

豆乳 は大豆類に含まれるので、タンパク質を多く摂取する事ができ、肌にとても良い。

 

野菜ジュース サラダなどで1日に必要な分を摂取するのは、なかなか難しいし、継続も簡単では無い。また、野菜苦手な人もいるため、野菜ジュースはとても良い。健康的な肌づくりに欠かせないビタミンやミネラルが不野菜ジュース一本で補えるためおすすめである。

 

 


 

 

サラダチキン

 

 

 

サラダチキンといえば、よくダイエットや筋力アップによく食べられる一つの商品である。

その理由としては、サラダチキンは他の肉類に比べて脂肪が少ない。

 

またタンパク質も豊富。低脂肪で、高タンパクであるため、肌にも良い。それがコンビニで手に入るし、コスパも良く、種類も豊富で自分の好みの味を選べる。

 

 

 

 肌改善にするには食生活から改めてみよう

 

 

今回の記事を通して、自分の食生活が良かったのか、良くなかったのかわかったと思います。

これだけのことを意識して生活するだけでも肌というのは変化してきます。

 

ここで1つ主張したいのは、食べることが絶対にダメというわけではありません!

 

これからの人生を生きていく上で、一切食べないということは不可能に近いですし、我慢しすぎるのもストレスの原因になって、逆に空回りしてよくないことである。 

 

 「食べてもいいが、食べすぎないこと」  本当に肌を改善したいのであれば、少しづつで良いから継続して努力すること。  

 

地道にコツコツすれば肌改善に繋がります!!共に頑張りましょう!!!  こちらにも大事な基本的な事が書かれているので見てみてください↓↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

つちたに
つちたにといいます。 美容関係、ボディメイクについて皆さんの有益となる情報を発信していきます。 人間、「継続して努力すれば必ず変われる」との合言葉で理想の自分を手に入れましょう!